PRIVACYPOLICY
個人情報について

土地管理のこと、どうぞお気軽にご相談ください。
お客様からご質問が多い内容をまとめました。

FAQ

土地活用とは?

土地活用とは、所有地を用いて経済的な利益を享受できるような有効利用の方法を言います。
土地は所有しているだけでは、固定資産税などの負担がかかるばかりで、相続も大変です。
土地を活用し、収入が得られるようにすれば、土地は経済的利益をもたらす貴重な資産になります。

更地のままでも大丈夫?

投資の必要もなく、ニーズさえあればすぐに始められますが、
更地のままでは固定資産税や相続税の優遇措置がありません。駐車場や資材置き場などにしても、税金が減ることはありません。節税や相続税対策として考えている方には不向きです。

土地活用による収入は?

土地活用の方法は次の3 つに分かれます。 それぞれ収入は得られますが、税金が課されることも考慮してとらえることが必要です。

【土地を貸す場合】
土地を売りたくないし、土地活用のための投資はしたくない人におすすめです。
「 定期借地方式」によって長期間貸すと、その契約期間中は一定の地代収入が得られます。土地を整備して駐車場にして貸す方法もあり、稼働率が良ければ安定収入が見込めます。

【土地に建物を建てて貸す場合】
所有する土地に、賃貸アパートやマンション、貸店舗などを建てて事業経営する方法です。
毎月の家賃収入により、安定した収入が長期にわたって見込めるので将来のために土地を有効活用したい、より高い収益を上げたいという場合におすすめです。固定資産税や相続税の軽減を受けることも可能です。

【土地を売る場合】
土地の管理が面倒なのですぐに手放したいと考えている方に向いています。 売却金が収入になるわけですが、土地の売却益が出ると税金が課されます。売りに出してもすぐに買い手がつくとは限らない、また、手放してしまえば今後その土地からの収益は得られない、というデメリットはあります。

自己負担を少なくしたい時は?

売却か、もしくは駐車場経営などは自己負担が少なく済みます。
また、資金がなくてもリスクを負わずに活用できるのが、等価交換になります。

節税はできますか?

【土地を売る場合】
相続税資金は確保できるが、譲渡税は発生します。

【等価交換の場合】
譲渡税の優遇措置はありますが、減価償却は不可なので所得税の負担が大きくなります。

【駐車場経営の場合】
相続税、固定資産税などの優遇措置は受けられません。 定期借地、マンション・アパート経営、オフィスビル・複合ビル経営の場合は、固定資産税、相続税、都市計画税など税制上の優遇措置があります。 他にも、土地活用の方法によって税金対策も変わってきます。

賃貸管理はどうすれば?

賃貸住宅の経営において煩わしいのは入居者募集や、入居者管理、建物メンテナンスなどの業務。当社では、お客様に代わって賃貸物件の様々なケアやフォローを行っています。